ワールドビジョン:「この子を救う」から「この村を救う」へ

Edit

87a5d632 76cf 49ad a81f 80c85169d1f1?1538719844

0 likes

183 views

0 members

ABOUT

NGOがチャイルドスポンサー全員をコミュニティースポンサーへ移行する際、既存のチャイルドスポンサーを維持することが大きな課題となりました。

スポンサー達が新たに支援することになる地区を紹介しつつ、子供ひとりだけでなく広範なコミュニティの未来をも変えられる、と安心させられるランディングページを作ることが今回の私の案件でした。

既存スポンサーが遠ざかる理由は:
● 子供一人の未来は変えられるかもしれないけど、村一つの未来は変えられないかもしれない
● どのように町を良くしていけるかがわからない
● 村全体の改善は時間がかかり、本当に良くなっていっているのかが見えない

なのでパーソナライズされたランディングページの目的は以下となりました:
● 代表者を通し、コミュニティとの個人的なつながりを育む
● 目標だけでなく、具体的な目的と影響を伝える
● コミュニティ(村人一人ひとり)のライフスタイルの改善に焦点を当てる

担当:ディレクション、ワイヤフレーム、UIデザイン、コピー&イメージ指示。

As a charity organisation transitioned from child sponsorship to community sponsorship, retaining existing sponsors became a core objective.

My challenge as a UX designer was to design a personalised landing page that would connect sponsors to the districts they are newly supporting, and to reassure them that they can make an impact to not only one child but to the broader community.

This was done by:
Fostering a personal connection with the community
Communicating tangible impact
Focusing on communities’ lifestyle updates

CREDITS

2f38b189 73f6 4de3 a6e7 ff36923dac6f?1538719844
Dbafa438 8012 4a78 a5c6 2673e7f73e83?1538719844
F67814bf 3f72 4505 8822 fca9366a458d?1538719844
1394e91d 9abe 4a1f bb31 b9dd48bfaf3d?1538719844

0 COMMENTS

Comment
Close popup w
Close popup
Close popup