EC:ショッパー中心のお買い物体験へ

Edit

0 likes

256 views

0 members

ABOUT

Rのオンラインモールは、コアユーザーをマーチャント(お店側)と定義していたため、全体の体験(UX)が『お買い物をするお客さん』中心ではなく、『広告スペースを購入するマーチャント』中心でした。

クリエイティブWebディレクター担当としてプロデューサー達と緊密に協力した案件を模範に、他ディレクターのフォーカスを本当のお客さん ーつまり、お買い物客ー にシフトするよう促しました。

The entire online-mall experience was merchant-centric as they defined their core user group as their merchants who purchase advertisement and listing space, rather than online shoppers.

As a Creative Web Director, I took up the challenge to lead by example and collaborate closely with producers and inspire fellow directors to shift the focus; to engage the real audience — the shoppers.

マーチャント中心という現状から、お客さん中心にシフトするため:

● 特集ページに焦点と目的をもたらすため、幅狭いオーディエンスおよび、コンテンツと言葉遣い、ビジュアルの定義。
● お客さんの購買意思決定をサポートする、ショッピングマインドセットを反映した直接的なユーザーフロー設計。
● モバイルユーザーであってもパソコン同等のエクスペリエンスを体験できるように詳細指定。
● お買い物をするお客さんをデザインの中心に置くよう、デザイン思考を拡散。

To challenge this status quo, I collaborated closely with producers to:

● Bring focus and purpose to the page by defining a narrower audience, the tone of language, content and visual direction;
● Direct user flow, to better reflect buyers’ shopping mindsets and help make purchase decisions;
● Specify the mobile experience to follow closely to that of the desktop experience; and
● Spread design thinking and inspire other directors and producers to place buyers at the centre of design.

CREDITS

0 COMMENTS

Comment