環境情報の解析

Edit

0 likes

378 views

0 members

ABOUT

土壌・地下水調査は「みなす」という手法が取られており、試料調査でも約23,000分の1という確率になります。それらば過去の実地調査の結果を統計学的な手法に基づいて整理し地質情報を加味することで、机上評価でもある一定レベルの解は期待できそうです。
この発想に基づき、私たちはアカデミーの協力のもとで数学・工学(金融工学やリスク工学を含む)・環境学(農学や化学を含む)・法学・経済学といった学際的な見地からの解析にチャレンジし、アルゴリズムを見つけようとしています。
最終的な取引には試料調査が必要となるのは否めませんが、銀行の土地に付ける担保評価や不動産鑑定評価、企業保有地の簿価などの参考指標になることを考えつつ、利便性を追求したネット応答型システムの導入を目指しています。
完成後は金融関係の監督官庁とも協議を重ねて評価に耐え得るものとしたい考えで、最終的には自動車保険と同じような分かりやすい保険体系を創って、リスクを金銭換価(可視化)できるよう取り組んでいきます。

CREDITS

0 COMMENTS

Comment